歩と桂馬の偏差値34からの中学受験

5年の春から遅めの受験勉強スタート。偏差値34からサピックスに入った小6男子「歩(あゆむ)」と父「桂馬(けいま)」の中学受験リアルタイムドキュメンタリー。たまに母「角子(すみこ)」も登場。

アフターコロナに向けての準備

GWを過ぎて、コロナの新規感染者数が減ってきました。
地方では自粛解除が始まり、学校が再開された地域も出てきました。
都市圏でも来月あたりから、規制解除に向けて動き出し、学校も再開するのでしょうか?

今日は、中学受験という視点からアフターコロナに向けての準備について書きたいと思います。

 生活リズムを戻す。

休校中の歩の起床時間ですが、平時に比べて1~2時間くらい遅いです。
朝起きてからも、の~~んびり朝食。

寝る時間も1時間くらい遅い日が多いです。
生活リズムが後ろにずれている感じですね。
そろそろ生活リズムを戻していかないと、学校再開したときに、体調を崩しかねません。

小学校の課題。

先週あたりから、小学校からの課題が急に増えました。
内容自体はたいしたことがないのですが、結構量があります。
こんなことを言うと、小学校から怒られますが、ハッキリ言って算数ドリルなんか塾の宿題の下位互換です。
いまさら、分数の掛け算を何十問も解かされても・・・・。

夏休み。

小学校からは、まだ正式な通知はありませんが、夏休みが短縮されそうな流れになっていますね。
35度を超えるくっそ暑い日に学校!??
昨今はエアコン完備の小学校も多くなっていますが、体力的にはかなりハードになるでしょうね。
6時間フル授業はきついので、せめて毎日半ドンにしてほしい・・・。

夏期講習。

小学校の登校スケジュールとの兼ね合いもあると思いますが、塾的にはできる限り、例年通りのフルスケジュールで開催したいでしょうね。
「二月の勝者」の黒木先生風に言うと、稼ぎどきの夏期講習でスポンサー様に課金してもらわないといけませんからね。
もし夏休みが短縮されれば、毎日、学校と夏期講習のダブルヘッダーとなります。
5年生の時の夏期講習、学校が休みでも、歩は勉強サイクルが回りませんでした。
連日のダブルヘッダーなんて無理っす・・・。
どうなるんだろう夏期講習・・・。

今できることは・・・?

残りの休校期間にするべきことは、塾が再開された後のハードスケジュールについていけるだけの基礎学力を身に付けることだと思っております。
夏休みが短縮された場合、夏期講習の復習時間はほとんど取れないと思った方がいいでしょう。
アルゼロくんのように「一を聞いて十を知る」というわけにはいかないでしょうが、できる限り塾の授業での積み残しをしないようにしなければいけません。
サピックスから送られてくる課題をせっせとこなす毎日ですが、時間を見つけて苦手単元の克服を中心にプラスαのお勉強ができればなと思っております。

 

================== 

ブログランキングです

   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ