歩と桂馬の偏差値34からの中学受験

5年の春から遅めの受験勉強スタート。偏差値34からサピックスに入った小6男子「歩(あゆむ)」と父「桂馬(けいま)」の中学受験リアルタイムドキュメンタリー。たまに母「角子(すみこ)」も登場。

保護者面談をしました。

先日、保護者面談を行いました。
いよいよ、受験年度という感じが出てまいりました。
本当は、面前で行いたかったけど、このご時世なので、zoomでの面談となりました。

面談の日は、小学校の休みの日でしたので、歩はカメラの死角にスタンバイ(笑)
盗み聞きする気、満々です!

面談は先月に提出した志望校などを書いた調査書をもとに行いました。
さっそく本題の志望校についてのお話からスタート!!

実は、調査書の第一志望校には、歩の成績ではかなり厳しい夢の志望校を書いて提出しておりました。
書くのは自由だし、まだ半年以上あるし、とりあえず夢を書いておこうという軽い気持ちです。
とはいえ、先生からは
「お書きいただいた志望校ですが、かなりがんばらないと厳しいですよ。」
と、諭されると思っていたのですが・・・
「十分可能性あると思います。むしろチャレンジしてもらいたいですね!」
と、予想外のお言葉。

「ほんまかいな!!(心の声)」
先生の後ろに黒木の影が見えたような気がしました(笑)

更に
「2日校なのですが、○○中学じゃなくって、○○中学(←これもまた格上校)はどうですか?」
と、更なる強気のご提案。

『2月の勝者』の読み過ぎで、余計な裏読みをしてしまいます(笑)
入試まで半年以上あるので、まだまだチャレンジしてね!というメッセージだと思うのですが・・・。

先生のお話をまとめると
『歩君はがんばっているし、これから夏期講習などで志望校別の対策もやっていくので、夢に向かってがんばりましょう!!』
と、いうような前向きな感じのお話でした。

その他は、教科別の勉強方法のお話をしました。
苦手の国語や、今後難しくなっていく算数についてアドバイスをいただきました。
いろんなお話をしているとアッと言う間に時間は過ぎ、30分強にて面談は終了しました。

横で盗み聞きしていた歩ですが、厳しいと思っていた夢の志望校を目指そうという力強いお言葉をいただき、やる気になっているようでした。

保護者面談は、本来なら校舎に行って先生と親だけで話し、子どもには親フィルターをかけて話すだけです。
しかし、今回はコロナ禍の影響でzoom面談になり、子どもが盗聴することができました。
結果オーライですが、歩のモチベーションアップには良かったのかもと思いました。

さらに後日、サピックスに行った際、算数の先生から直々に今後の勉強に向けてのアドバイスもいただき、歩は更に前向きな気持ちになれたと感じました。

来週からサピックスは、通常授業に戻ります。
小学校についてはまだ未定ですが、少しづつ日常に戻してくることが予想されます。
そして、今年の受験生は小学校と夏期講習のダブルヘッダーがあります。
予測不能の戦いがまだまだ続きますが、家族協力して頑張っていきたいと思います。

================== 

ブログランキングです。

   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ