「歩」と「桂馬」の偏差値34からの中学受験

5年の春から遅めの受験勉強スタート。偏差値34からサピックスに入った小5男子「歩(あゆむ)」と父「桂馬(けいま)」の中学受験リアルタイムドキュメンタリー。たまに母「角子(すみこ)」も登場。

怒鳴ってしまった

昨日、基礎トレのマル付けをしていたときのことです。

歩「基礎トレできた!」

桂馬「見直ししたの?」

歩「あっ!忘れてた」

桂馬「じゃあ、見直ししてからマル付けするから、ちゃんと見直しして」

歩「は~い」

数分後

歩「できた」

桂馬がマル付けをする。

7点・・・。

桂馬「見直ししたんだよね?」

歩「したよ」

桂馬「見直しして、間違いは発見したの?」

歩「してない」

桂馬「どこをみなおししとんねん!!!(激怒)」
※桂馬は大阪出身です

先日から、今一度初心に返って、算数のミスを少なくしようと一緒に勉強しています。

 「人間だから、ミスするのは仕方ない。だから、ミスをしないように手を抜かずに図を書いたり、計算したら必ず検算をするなどして、少しでもミスを少なくするようにしようね~」とやさしく指導していたのですが、全くできておりません。

f:id:keima-no-takatobi:20190714224110j:plain

見直しもサラッと目を通しただけで、全く真剣にやっておりません。
例えば、9番の問題。
解答欄が2つあるのに、答えが1つしか書いていない・・・。

桂馬「3問も間違ってんのに1つも間違いを見つけられへんのやったら見直しなんかせんでええわ!!(激おこぷんぷん丸)」

久しぶりに本当の本当に激怒したら、歩も涙目。

さすがにまずいと思ったのか、もう一度、基礎トレをやらしたら、今度は丁寧に見直しをして満点。

本当は楽しくお勉強したいのですが、少し慣れてくるとダレてくる歩くん。
たまのスパイスは必要なのでしょうか?

注意したことをすぐに忘れてミスを連発する歩ですが、怒られたこともすぐに忘れる歩。お昼ご飯を食べたら「次は何の勉強をする~?」と何事もなかったように話しかけてきました。

鋼のメンタルを持っているのか、それとも単に聞いていないだけなのか(笑)

ちなみに妻の角子は、一度、機嫌を損ねたらずるずる引きずって、絶対に忘れない根に持つタイプ(笑)

歩は角子に似なくてよかった(笑)

===================
最近、ブログのランキングが急上昇しております。
皆様の応援のポチのおかげです。ありがとうございます。
引き続き、応援のポチを頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ