「歩」と「桂馬」の偏差値34からの2021年中学受験~SAPIX通塾中~

5年の春から遅めの受験勉強スタート。偏差値34からサピックスに入った小5男子「歩(あゆむ)」と父「桂馬(けいま)」の中学受験リアルタイムドキュメンタリー。たまに母「角子(すみこ)」も登場。

非常識な小学生

ゴールデンウィークも半ば。
今年は外出もそこそこに
自宅で勉強をしている歩少年。
私も仕事が休みなのですが、ひとりだけ
ブラブラ遊びに行くのも悪いので
勉強のお供をしております。
しかし、一緒に勉強をしていると
小学生の頭の中がいかに自由に
できているのか痛感します(笑)

桂馬「太郎君の体重は何キロ?」
歩 「128キロ!!」
桂馬「どんだけデブなんだよ!」

桂馬「A君の家から学校までの距離は?」
歩 「5260メートル!!」
桂馬「徒歩で通える距離じゃないだろう!
   A君は金栗四三か!!」

桂馬「消しゴム1個の値段は?」
歩 「620円」
桂馬「明日から絶対書き間違いするなよ!」

桂馬「A君の移動速度は?」
歩 「時速40キロ」
桂馬「東京オリンピックの金メダル候補だね!」

ありえない非常識な数字はすぐに気がつくよね?
と、ため息が出そうになりました。

でも、イラつく気持ちをグッと抑えて
冷静に考えてみると、自分が小学生だった時
大人にとっての一般常識があったとは
自信を持って言えないような気がします。

小学生にとって体感でわかる距離は、
せいぜい、50メートル走くらいかな~?
大人でも自分の普段歩いている速度が
どれくらいか答えろと言われても
瞬時に答えられる人は多くないのでは?

「カップラーメンがひとつ400円」と
言ってた先生もいるくらいですから
小学生が消しゴムひとつ620円と言っても
誰も責められません(笑)

子供と一緒に勉強して痛感したことは
大人の常識は子供には通用しないということ。
自分の小学生時代は先日終わった平成より前の昭和。
2つも前の時代なので忘れてしまっていますが
自分がどれだけ優秀な小学生だったか
思い出したほうがいいと思いました(笑)

歩、いつもキツいこと言ってごめんね!
父さん、反省します!!

反省するのでポチをください(笑)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ