歩と桂馬の偏差値34からの中学受験

2021年終了組。5年の春、偏差値34からサピックスに入り受験勉強スタート。息子「歩(あゆむ)」と父「桂馬(けいま)」の中学受験ドキュメンタリー。夢の志望校には届かなかったものの、当初の志望校には合格しました。中学生活や終了組の視点から中学受験について書いております。

全統中【中1生部門】の結果

先日、受けた全統中【中1生部門】の結果が出ました。

中学に入って、初の全国模試。
さて、どんな結果だったのでしょうか・・・。

【英語】偏差値55
失点の8割はリスニングでした。
歩曰く、リスニングの音が小さくて聞き取りにくかったのと、英検のリスニングと形式が違って、焦ってしまったのことです。
英検では、リスニングはできていただけに、もったいなかった。

【数学】偏差値69
中学の定期テストもそうなのですが、中学に入ってから、数学が好調です。
中学受験時代は、決して算数は得意ではなかったのですが、中学になってからは数学が得点源になっております。
この調子を維持してほしいですね。

【国語】偏差値62
素点は、一番低かったのですが、偏差値は意外とよかったです。
中学受験時代から、ずっと足を引っ張ってきた国語ならぬ、酷語。
比較的時間のある今の時期に、たくさん読書をして、酷語から脱却してほしいです。

【3教科】偏差値65
サピックスの渋い偏差値に慣れているので、「65!?、すげ~!」と感じてしまいます。
歩は、この数字に気をよくしたのか、次回も受ける気満々です。
大学入試の学力ランクなる基準も出してくれるのですが、なんと東大、京大ランクだそうです。
噂によると、かなり甘い判定らしいので、鵜呑みにしないようにします。(笑)

 

中1の段階で、偏差値どうこういうのに意味はないのでしょうけれども、悪くない数字でよかったです。
ハードな中学受験を終えて、燃え尽き症候群になることもなく、歩なりにコツコツ勉強している結果がでたのかなと思います。
この調子を維持して、勉強もスクールライフも楽しんでいければいいのかなと思っております。

================== 

ブログランキングです。

   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

 

我が家も愛用しております。
中学受験用の電子辞書はこれで決まり!
「CASIO EX-word XD-SX3800」