歩と桂馬の偏差値34からの中学受験

2021年終了組。5年の春、偏差値34からサピックスに入り受験勉強スタート。息子「歩(あゆむ)」と父「桂馬(けいま)」の中学受験ドキュメンタリー。夢の志望校には届かなかったものの、当初の志望校には合格しました。中学生活や終了組の視点から中学受験について書いております。

小学生と英語

我が家では中学受験が終わってから、サピックスでもらった中学準備問題集や先日入会したZ会で英語の勉強をしています。

しかし、今までまったく英語の勉強をしてこなかった歩は、大苦戦しております。
今日は小学生と英語について書きたいと思います。

小学校の英語授業『国際』

歩の通っている公立小学校では『国際』という名の英語授業が行われています。
とはいっても、文法などの難しい話は一切なく、会話やゲームを通じて楽しく英語に接するという感じです。
聞いて話すが中心で、書いたり読んだりすることは、ほとんどありません。

まったく書けない・・・。

少しずつ英語の勉強を始めて、問題を解いたりしているのですが、ここで大きな問題が発覚しました。
歩は、まったく英語が書けない。
例えば、「I am a sutudent.」と書こうとしても、「スチューデントってどういうスペルだったっけ?」と言いながら、いちいち辞書を引いて書いているので、まったく進みません・・・。
小学校の授業で、基本的な単語は聞いて覚えているのですが書けない・・・。
なので、問題を解こうとすると全くできないのです。

単語帳を買いました。

このままでは、調べることに時間ばっかりかかって、遅々として英語の勉強が進まないので、並行して、単語を覚えることにしました。
基礎の基礎の単語も書けないので、まずは英検5級の「出る順」をポチリました。
アプリで音声が聞けたり、確認問題を解けたり便利ですよ!

 

  


5級レベルの単語というと、日本語になっているものも多く、歩も知らないというものは少ないのですが、とにかく書けない。
とりあえずは、毎日30個ほどをノルマとして、数カ月前に散々解きまくった過去問の裏に一生懸命書き取りをしています。

英語は中学から横一線でスタート!?

中学受験が終わったばかりのころ、歩と「中学受験では5年からとスタートが遅くて苦労したから、今度は最初からコツコツやって、出遅れないようにしようね!特に英語は中学からだから、みんな横一線だから、置いてかれないようにしようね!」と話しをしていました。
しかし、どうも違うらしいということが、今更ながらわかってきました。
よくよく聞いてみると、意外と小学校低学年くらいから、英語を習っている子が意外と多い・・・。
角子情報によると、すでに英検3級くらい持っている子もチラホラいるとか・・・。

全然、横一線ちゃうやん!!
おいおい、また周回遅れからのスタートか!?

とはいえ、焦ってもしょうがないので、歩は「watch」とか「picture」あたりからボチボチやっております。

英語も先取り有利!?

実際にどれくらいの子が、小学生のころから英会話に通っているのか調べたわけではありませんが、体感としては、いわゆる難関校に通う意識の高いご家庭ほど、通っている割合が高いような気がします。
授業進度の速い中高一貫校では、あたふたしているうちに、アッという間に置いていかれる恐れもあります。
我が家は今更デロリアンに乗って過去に戻るわけには行きませんが、まだお子様が小さいご家庭では、英会話教室に通うのも、将来を見据えたうえで有利になるかもしれませんね。

================== 

ブログランキングです。

   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

  
   

 

*****我が家で愛用している電子辞書です♪*****