歩と桂馬の偏差値34からの中学受験

5年の春から遅めの受験勉強スタート。偏差値34からサピックスに入った小6男子「歩(あゆむ)」と父「桂馬(けいま)」の中学受験リアルタイムドキュメンタリー。たまに母「角子(すみこ)」も登場。

2021年の中学受験は完全に定跡から外れた。

ついに緊急事態宣言が発令される見込みとなりましたね。
サピックスも4月中の授業はすべて中止となりました。
SAPIX 4月の授業中止の連絡

これによって、2021年の中学受験は完全に定跡から外れることになると思います。

【定跡】将棋で、昔から研究されてきて最善とされる、きまった指し方。

通常であれば、サピックスが長年培った定跡に従って、指示通り課題をこなせば、ある程度の結果は残せるのものだと思っていました。
しかし、昨今のコロナ禍によってサピックスの授業は中止となり、現状ではいつ再開されるのか、全く見通しが立ちません。

将棋用語でいうところの、力戦模様となりました。
【力戦模様】定跡から外れて前例がなくなり、対局者自身の実力で戦うこと。

 

2021年の中学受験は、先の見えない刻々と変化する状況に対して、その都度、対応を考えて実行していくという戦いになるでしょう。

先月は小学校が休校になったものの、サピックスの授業はあったので(何回かは休講になりましたが)、大きくペースを乱すことはありませんでした。
しかし、明日から小学校も休み、サピックスも休みと、約1ヵ月(状況によってはそれ以上)の引きこもり生活に突入します。

この今までにない状況になったことにより、2021年の中学受験を勝ち抜くことのできる子の条件も変わるのではないのかと思っております。
今までは、真面目に塾に行って、真面目に授業を受けて、真面目に課題をこなしていける子が有利だったと思います。
しかし、今後は塾に頼らずとも自分でペースを作り、家庭で黙々と受験勉強ができる子が有利になるのではないかと思います。

この1ヵ月で今まで順調に来ていた子が、急にスランプに陥ったり・・・
または、今までなかなか実力が出せなかった子が、急激に伸びたり・・・
もしかしたら、子どもたちの勢力図が大きく変化するかもしれません。

と、私の勝手な考えをつらつらと書きましたが、我が家の歩はどうなるのでしょうか・・・?
先月は、それなりに家で勉強はしていたとは思います。
しかし、それはたまにサピックスに行ったり、学校に行ったりしていての中でなので、本当の引きこもり生活になると、どうなるかはわかりません。
歩は一人で黙々と詰将棋を解いたり、時には自分で詰将棋を作ったりするのも好きなので、引きこもり耐性は、あるほうなのかなと思ってはおりますが、どうなのでしょうか・・・?
正直、まったく読めません・・・。

しばらく、コロナ禍が続くことになりそうです。
家の中での生活が長くなるのは間違いないので、家の中が少しでも居心地の良い空間になるように、家族仲良くすることが一番の大事なのではないかと思っております。

f:id:keima-no-takatobi:20191225180459j:plain

 


================ 

ランキングに参加しております。
よろしければポチっと応援お願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ