歩と桂馬の偏差値34からの中学受験

5年の春から遅めの受験勉強スタート。偏差値34からサピックスに入った小6男子「歩(あゆむ)」と父「桂馬(けいま)」の中学受験リアルタイムドキュメンタリー。たまに母「角子(すみこ)」も登場。

一日中、ひとりで勉強した日曜日

私、桂馬は、週末は基本的に、歩の勉強を見てあげています。
最初の頃は、しょっちゅう「バトル」をしていましたが、最近は、歩の取り扱いにも慣れてきて、ほとんどバトルをすることなくスムーズにお勉強ができています。 

しかし最近は、あまり勉強の相手をしてあげれていません。

年末に入ってきて、私の仕事も忙しくなってきて、週末、仕事がはいることが増えてきました。
平日も普段なら、それなりの時間に帰ってこれるのですが、年末は忘年会等の会合が入ることもあり、歩とのお勉強の時間が思うように取れていません。 

角子も、歩の勉強にかかわりますが、あくまで大まかなスケジュール管理くらいです。
勉強の内容については、まったくのノータッチです。

なので、私が一緒に勉強できないときは、一応、こんな感じに大学ノートに簡単なスケジュールを書いてます

f:id:keima-no-takatobi:20191216171541j:plain

昨日の日曜日、私は仕事があったため、歩はひとりでお勉強でした。

角子の報告によると、多少、ウロウロしたりしていたが、概ね机に座って真面目に勉強していたとのことでした。
しかし、やった内容を細かく見てみると、わからない問題にたくさん時間を使いすぎたり、間違い直しが適当だったりと、私がいれば、もう少し上手くできたのにな~と思うのところがいくつかあります。

中学受験においては、専業主婦の妻が、がっちりサポートするのが最強だと思います。
しかし、各位家庭には事情があって、なかなか理想形通りにはいきません。

我が家は、角子が専業主婦ですが、中学受験に関しては、上記の通り、最低限のサポートしかしていません。

理由は2点。
一つは、角子は高卒であまりお勉強が得意じゃないということ。
角子の行っていた学校は、(偏差値が低すぎて)サピックスの偏差値表に書いていません!(角子、ごめん。馬鹿にしているわけじゃないからね!)

もう一つは、両親とも中学受験に入り過ぎると、子供の息が詰まるから。
なので、
角子はあくまでモチベーターに徹することにしています。
必要以上に勉強の話はしないようにしています。

最善を求めれば、キリがありませんが、現状はこの体制でいきます。
本番まで1年と少し。
楽しく勉強した結果に、桜が咲けばいいな~と思っております。

=====================

最近は、真面目にブログを更新しております。
(仕事、忙しいいんじゃなかったの!?)
応援のポチをいただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ